女の人

うつ病には抗うつ剤を使った治療などさまざまある!

治療方法について

悩む人

しっかりと休養を取る

うつ病の治療で一番大切なのが、十分な休養です。「休むことはいけないことだ」といった思い込みは捨てましょう。うつ病にかかっている人は、心も体も非常に疲れている人が多いです。まずは十分な休養を取ってリフレッシュすることが大切です。

抗うつ剤による治療

うつ病も他の病気の薬と同じように、体の異常を治さなければなりません。医師の診察の上で処方される抗うつ剤と呼ばれる薬で治療します。信頼できる医師に処方してもらいましょう。

抗うつ剤の種類

抗うつ剤には主に5つの種類があります。うつ病の原因の1つとされている、神経伝達系に作用する薬です。神経伝達物質とは主にセロトニン、ノルアドレナリン系を指します。開発された順番に並べると三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAとなります。新しいほど抗うつ剤の副作用は少ないとされていますが、人によっては従来からある薬の方が合っている場合もあります。

抗うつ剤の副作用

抗うつ剤の副作用について誤解されている場合があります。それは、依存性があるということです。しかし、抗うつ剤には依存性はありません。副作用として挙げられる症状は、喉の渇きや排せつ障害、胃腸障害などです。また、副作用についても個人差がありますのでまずは医師に相談しましょう。

医師と相談しよう

「もう治った」と自己判断で抗うつ剤の服用の中止を決めないようにしましょう。自己判断による服用の中断は、うつ病の治療を遅めてしまう原因の1つです。医師に相談しながら抗うつ剤での治療に専念することが、うつ病を早期に回復することが出来るのです。