女の人

うつ病には抗うつ剤を使った治療などさまざまある!

患者の勘違い

ハート

抗うつ剤や睡眠導入剤について

うつ病にかかってしまうと、抗うつ剤や睡眠導入剤を大量に処方されてしまうと勘違いしている人がいます。しかし、抗うつ剤以外の治療法もあったり、症状の状態や患者の希望によって薬の量を少なくしたりできますので心配いりません。正しい知識と豊富な経験を持った医師であればしっかりと本人の意思を尊重してくれます。したがって、信頼できる主治医を選ぶことが何より大切です。

精神科に対する不安

うつ病にかかってしまうと、精神科の医師が治療を行ないます。精神科と聞くとイメージが先行してしまい、一歩踏み出しづらい人も多いです。例えば、「どんな治療をされるか分からない」、「薬漬けにされてしまうのではないか」といった暗いイメージを持つ人も多くいます。しかし、精神科は他の科とほとんど違いはありません。主にカウンセリングと抗うつ剤による治療がメインとなります。患者がくつろげるスペースも備えられている場合が多いので安心して治療に専念できます。

病気に打ち勝とうとする

うつ病患者の中には、うつ病に「勝とう」と気負いすぎてしまう人がいます。風邪などの、症状の治りが目に見えてわかる場合にはその考えが通用しますが、うつ病といった精神的な病気には通用しません。「勝とう」と考えるのではなく、「病気とうまく付き合おう」と考えることが大切です。心も体も疲れているときはゆっくり休んでマイペースで治療を進めていきましょう。

できない事を責めない

うつ病にかかってしまうと、健康なときに出来たことが出来なくなることがあります。外に出ることが出来なくなったり、人がいる所に行けなくなったりすることもあるでしょう。しかし、そこで自分自身を責めてしまってはいけません。誰にでもバイオリズムといった調子の波があります。その調子の波が大きいから今はできないんだ、と受け入れることが大切です。そして、1つ1つ小さなことから積み重ねていき、出来たことは自分自身で褒めてあげることが大切です。

心無い言葉は気にしない

中にはうつ病の人に対して心無い言葉を浴びせてくる人がいます。「抗うつ剤ですぐ治るから甘えているだけだ」と言う人も中にはいますが、そのような人の言葉は気にしないようにしましょう。もしも、家族など身近な人が理解してくれない場合は、主治医のもとに連れていき、状況を説明してもらうことも大切です。うつ病は誰にでもかかってしまう可能性があります。心無い言葉をかけてくる人もいつかはかかってしまうかもしれません。信頼できる主治医と相談しながら治療だけに専念しましょう。