辛いあなたの心に届ける 心のための処方箋

うつ病には抗うつ剤を使った治療などさまざまある!

悩む人

治療方法について

うつ病の治療は主に、十分な休息による治療、抗うつ剤による治療が挙げられます。大きく分けて、抗うつ剤には三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAといった種類があります。副作用も考慮に入れながら、自分に合った抗うつ剤を選びましょう。

View Detail

服用

症状について

うつ病は心と体が相関関係にあります。患者の中には、体の不調で内科へ診療に来る人もいますのでうつ病だと気づきにくいとされています。抗うつ剤を治療方法として選択するかは別として、早期に適切な医療機関へ行くことが大切です。

View Detail

カウンセリング

副作用について

抗うつ剤はうつ病を治すのに有効ですが、副作用についても考えなければなりません。種類にもよりますが、性機能に関する副作用や胃腸への副作用などさまざまな影響を与える場合があります。信頼できる主治医と相談しながら服用することが大切です。

View Detail

うつ病の原因

錠剤

うつ病の原因

うつ病はさまざまな原因によって発症します。はっきりとした理由は未だ解明されていませんが、仕事でのストレスや人間関係のストレスなど複合的な要因で発症すると言われており、抗うつ剤を日ごろから飲んでいる人は多いです。要因をストレスの種類で分けることもできます。精神的ストレス・構造的ストレス・化学的ストレス・温度、湿度によるストレスに分けて考えてみましょう。精神的ストレスとは、文字通り、メンタルに環境するストレスです。人間関係などで「嫌だな」と感じることはほとんどストレスだと考えてよいでしょう。精神的ストレスの場合は、考え方や性格もかなり影響します。構造的ストレスは、一言で言うと、体の歪みからくるストレスです。主に頭蓋骨や背骨、骨盤などが歪んでいると無意識に脳がストレスを感じてしまうのです。実際、うつ病の方には、頭蓋骨が歪んでいる人が多いと言われています。化学的ストレスは、栄養素の摂取の仕方からくるストレスです。特定の栄養素を過剰に摂取したり、不足していたりすると脳がストレスを感じてしまいます。適量なら問題ありませんが、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。カフェインには興奮作用があり、疲れているときに摂取すると元気が出ることもありますが、それは一時的なものなので実際には体を奮い立たせているだけで、根本的には疲労が溜まっている場合が多いのです。また、温度、湿度によるストレスもあります。特に自律神経失調症やうつ病の方は、生活環境の温度と湿度には注意しましょう。人間には恒常性機能と呼ばれる機能がありますが、適度な温度や湿度があります。苦痛な環境を我慢せず、快適な環境で過ごすようにしましょう。

なりやすい人

うつ病は現代病だと思われがちですが、昔から存在する病気です。また、誰にでもかかる病気だということを理解しましょう。その中でも、メランコリー親和性と言われる完璧主義の人や自分に厳しい人、責任感の強い人がなりやすいとされています。また、人間誰しもストレスを感じる生き物ですが、生真面目な人は、ストレスの解消である「遊び」すら「怠惰」だと決めつけてしまい、ストレスを溜め込んでしまう場合が多いとされています。循環気質と呼ばれる、オンとオフの差が激しい人もなりやすいと言われています。このような気質がエスカレートすると、ある時は親しみやすく穏やかですが、ある時は他人を批判したり攻撃したりしてしまう事態に発展します。躁うつ病というパターンもありますので気分の浮き沈みが激しい人は、感情のコントロールをうまくできるように注意しましょう。

辛いところ

うつ病にかかってしまうと何に対してもやる気が無くなると言われています。本人は苦しんでいるのですが、客観的に見たら怠けていると片付けられてさらに辛い毎日を送ることになります。そして生きる希望や意味を失い、自殺してしまう人も中にはいます。うつ病にかかってしまうと、消化器系の障害や睡眠障害、意欲の減退などを発症してしまい、今までの日常生活がままならなくなってしまいます。美味しい食べ物を美味しいと感じなくなったり、面白いと思っていたものが面白くなくなったりします。そして身体的な症状よりももっと辛いのが精神的な症状だと言われています。不安や焦燥感でいっぱいになってしまい、自己否定が深刻になり自分自身を傷つける場合もあります。また、治療には抗うつ剤を使用しますが、副作用への不安から治療に踏み込めなかったり、治療を始めたが副作用に苦しんだりする人もいます。

気づきにくい病気

うつ病は自分でも家族にも気づきにくい病気だと言われています。なぜなら責任感の強い人や人に迷惑をかけてはいけないと自分1人で抱え込む人が多いためです。また、睡眠障害や疲労感の増加など、身体的な不調が現れ始めると、まさか精神的な原因で発症していると予想がつかない場合が多いからです。

早期発見が大切

そばにいる家族でさえも気づきにくいうつ病ですが、体や心、さらには行動の変化やサインをしっかりと注意深く観察することが大切です。場合によっては家族が本人よりも早く気づく場合があります。その場合は早期に医師と相談して、抗うつ剤やカウンセリングなどの治療を始めることが、今後の病状に大きく影響するでしょう。

薬

うつ病の診療

うつ病を治療するまでの流れは内科とそれほど変わりません。また、うつ病を治療する方法は抗うつ剤による治療や認知療法による治療などがあります。抗うつ剤による治療の場合は、効果が現れるまで時間がかかる場合がありますので注意しましょう。

View Detail

ハート

患者の勘違い

うつ病患者の中には勘違いをしている人がいると言われています。精神科に対する偏見や病気との向き合い方などさまざまです。また、抗うつ剤ですぐ治るだろうと心無い言葉をかける人もいますが、そのような人の言葉は無視しましょう。

View Detail